1. 障がい学生支援室トップ
  2. 障がい学生支援室について

障がい学生支援室について



支援室について

横浜国立大学障がい学生支援室では、本学に在籍する障がいのある学生が障がいのない学生と同じように教育や研究に参加できるよう、学内の関係部署等と連携して、支援を行っています。修学に際してどのような困難があるかをお伺いし、どのような支援が最適なのか、一緒に相談しながら決めていきます。

障がい学生支援室は、主に以下の業務を行います。

障がい学生の受入方針に関すること。
障がい学生のための支援方法等の提案及び調整に関すること。
関係機関との連絡、調整及び連携に関すること。
支援情報等の公開に関すること。
障がい学生への支援の啓発に関すること。
施設・設備のバリアフリー化に関すること。
障がい学生からの相談に関すること。

横浜国立大学障がい学生支援体制

障がい学生支援室、障がい学生が所属する学部・大学院の障がい学生相談教職員、関係部署等で組織される障がい学生支援室調整会議において、支援内容等を検討し、決定します。その決定に基づき、障がい学生支援室、所属学部・大学院、関係部署等が連携して支援を行います。

障がいを理由とする差別の解消の推進に関する教職員対応規則

障がいを理由とする差別の解消の推進に関する教職員対応規則は、横浜国立大学規則集に掲載されています。

障がい学生等の教育支援に関する基本方針

障がい学生等の教育支援に関する基本方針は、横浜国立大学ウェブサイトに掲載されています。

障がい学生支援室の支援機器等一覧

障がい学生支援室では、学業や研究に役に立つ支援機器等を一定期間貸し出しをしています。実際に使用してみて自分にとって役に立つかを一緒に考えていきましょう。

※メゾフォーカス(拡大読書器)は附属図書館3階に設置していますので、ご自由にお使いください。
   設置場所の詳細はこちらをご覧ください。


ページの先頭へ